柔軟性のある働き方を可能にしてくれる東京のバーチャルオフィス

サイトマップ

virtual office

起業するならまずはバーチャルオフィスからスタートしてみよう!

椅子と机

起業するなら、まずはバーチャルオフィスからスタートしてみよう!会社を作るとなると、「いかにコストをかけずに起業するか」が大きな悩みですね。登記にかかるお金、税理士や司法書士の相談料、パソコンや備品の準備…細かな出費が積もり積もって大きな出費に。そんな中で、大幅なコストカットとしてお薦めなのがバーチャルオフィスの利用です。コスト面のメリットと、それ以外のメリットから、お薦めポイントをご紹介します。
一つ目のお薦めポイントは、高額な賃料や敷金礼金をかけずに、安価に住所を借りることができる点です。一般的には、オフィスを借りてその住所で登記をしますが、オフィスの賃貸契約には賃料数か月分にあたる敷金、礼金のほか、賃料の半年から一年分にあたる保証金などかなり高額な費用がかかります。バーチャルオフィスとは、登記をするための住所を貸してくれるというのがメインのサービス。独立、起業をしようとする人には大きな障壁となる「家賃問題」を解決できるサービスなのです。
二つ目のお薦めポイントは、必要なサービスだけを選んで利用できる点です。バーチャルオフィスを運営している会社により提供しているサービスは異なりますが、自分の事業スタイルに合ったサービスを利用することでもコストカットになります。会議室、来客の対応、不在時の電話の対応、電話の転送、郵便物の受取保管など、様々なサービスの中から必要なものだけを必要な分だけ利用できます。また、運営会社が展開している各地のコワーキングスペースを利用できるサービスもあります。
三つ目のお薦めポイントは、都心の一等地を住所にできる点です。地方の住所より都心の一等地が住所になっている方が受注数が増える傾向があります。都心の一等地を住所としたバーチャルオフィスは大変多いため、誰もが知るような地名を手軽に名刺やホームページに記載することができるようになります。「仕事をするためのスペースは自宅やコワーキングスペースなどで事足りるけれど、起業のために一等地の住所が欲しい」という場合にバーチャルオフィスは最適です。
もしも、起業を考えているけれど、コスト面で悩んでいる方は、バーチャルオフィスを利用してみてください。

Topics

Post List